記事一覧

双葉工業のスーパーエンボスフライパン

hutabapan1.jpg

十得鍋で、”煮る”、”蒸す”、”茹でる”の調理法が格段にパワーアップした我が家の台所。
残すは、”炒める”、”焼く”。
今までは、”炒める”、”焼く”ともにティファール1本。大きな鉄の中華鍋があったけど、柄が長くて重い!ということで登場回数がめっきり少なく、、、場所塞ぎなので実家にお嫁に出した。えへへ。

ティファールのフライパンとマルチポットで概ね何でも焼けるし炒められるけど、使ううちにコーティングが剥げるから、この機会に長く使えるお道具にしよう!とフライパン探しの旅人となった。
meshiちゃんお勧めの「魔法のフライパン」も欲しい~!と思っていたんだけど、今や2年6ヶ月以上待ち!
私、そんなに待てない・・・。

(後日談)結局待って手に入れました(笑)。納期が短縮されたようで、今は半年待ちくらいで連絡が来るようです。
魔法のフライパンの記事は、こちらこちら


ってことで、(1)すぐ手に入って、(2)こびりつきにくくて、(3)扱いやすい鉄のフライパンを探す。散々悩んだ末、我が家にやってきたのは、双葉工業の「スーパーエンボスフライパン」!これまた有元葉子さんのプロデュースで、私って信者ですかね?(まな板ボウルとザル)。
でもね~、彼女のプロデュースする物はどれも美しい!台所道具は美しくなくっちゃ楽しくないから、彼女のお勧めは求めてる物にピッタリくることが多い。

ところで双葉工業は新潟の会社。ラ・バーゼのボウルやザルも新潟のメーカーだし、新潟って工業の県なのね。

「スーパーエンボスフライパン」は「クロワッサンの店」や「カタログハウスの店」でも扱っているけど、全種類置いていたのは「フライングソーサー」だけ。こちらのお店、店内にキッチンがあって、実際にフライパンを火にかけて選ぶことができる。
実際に触って、大きなフライパンが欲しかったので30センチの両手フライパン(&蓋)と、小さいおかず用に22センチの片手フライパンをお買い上げ♪

hutabapan2.jpg

このフライパンにした決め手は、

(1)鉄である
(2)スーパーエンボス加工でこびりつきにくいらしい
(3)軽い
(4)鍋部分は鉄、柄の部分はアルミでオーブン調理が可能
(5)サイズ展開が豊富
(6)柄が短く重ねて収納が可能

(1)鉄である
やっぱり、長く使うなら鉄だ~。鉄なら、焦げても錆びても、炭化させて削り落とし、再生が可能。これならずーっと使えるし、鉄分も補給できるのがイイ!

(2)スーパーエンボス加工でこびりつきにくい
心配なのはこびりつき!テフロン使ってたので、鉄に切り替えてちゃんと使いこなせるか不安いっぱい。
このフライパンは表面がスーパーエンボス加工で食材がフライパンに触れる面が少なく、こびりつきが少ないとのこと。鉄にする以上油を使わないわけにはいかないので、良質な油を使うことにして、スーパーエンボスがどんなもんか試してみよう!

(後日談)とても、こびりつきやすいです(爆)。でも簡単に落ちる。詳しくはお手入れ方法を見てね。

(3)軽い
鉄の中華鍋の出番が少なかったのは、重くて大きいのが、、、出し入れも億劫だし、洗うのも大変!このフライパンは持ってびっくりするくらい軽い。テフロンのフライパンと変わらんです。

(後日談)その後、小ぶりで軽い中華鍋をもらったら、これがすこぶる使い勝手が良い。魔法のフライパンとアジア鍋買って出番が減ったためお嫁に出しましたが、お気に入りでした。可愛がってもらうのだよ~!。

(4)鍋部分は鉄、柄の部分はアルミでオーブン調理が可能
持っているオーブンが比較的大きいので、オーブン調理ができるフライパンは嬉しい。お肉やお魚は、さっと焦げ目をつけてオーブンにIN。焼いてる間、他の物が作れる♪
オーブンに入れてからちび太をお迎えに行けば、帰宅するとご飯ができてるぅ。

(5)サイズ展開が豊富
サイズは、片手が18センチ~30センチで2センチおきに7種類。両手は24センチ~36センチで2センチおきに6種類。サイズが豊富過ぎて選びきれないくらい。
サイズによって、上が広がっていたりまっすぐだったり、また、同じサイズでも両手と片手では両手の方が底面が小さいので、よく作るものをイメージしながら選ぶと良さそう。

(6)柄が短く重ねて収納が可能
柄が10cm強?と短く、片手フライパンは全て同じ形なので、サイズ違いのフライパンもキレイに重ねて収納可。柄が短いことで、握っている時も安定。短い故、オーブンにも入る。柄は長すぎるものより、短い方が私は好み。

hutabapan4.jpg

柄がアルミ鋳物&短いために、熱くなるのがネック。そこで、こんなの使ってます。ロフトで見つけて500円弱でしたが、これ付けてればぜんぜん熱くない(ハンドルミットで検索すると色々ヒットします。)。
その辺にある布巾とかでも全然OKだと思いますが。

hutabapan3.jpg

鉄のフライパンを買って最初にやってみたのは両手鍋を使ったパエリヤ。
パエリヤにはフライパンの高さがありすぎか、下が少し焦げ、上の方が少し水っぽかった。もっと少ない量で作るといいかも。でも味は美味しかった。

そしてハンバーグ。
これは焼き目だけつけてオーブン調理。写真が美味しそうに見えなくて残念だけど、野菜も一緒にゴロゴロ入れて焼いた。うーん、火の番がないのは楽チン♪

その後も、卵料理や野菜炒め、肉を焼いたりパスタを絡めたり。色々使ってみて、焦げそうになるとティファールに(まだとってある)逃げたくなるけど、そこは鉄修行の身ゆえ、ぐっと我慢。

(後日談)ティファールは処分しました。もうなくて大丈夫!1個くらいあっても便利かもだけど、テフロンじゃ作る気しないって料理も多い。

hutabapan5.jpg

鉄でいけそうなので、26センチの片手も追加購入。片手はやっぱり使いやすいし、柄が短いので普通のフライパンほど邪魔じゃなかった。
サイズ展開が豊富でついつい大きい物が欲しくなるけど、あまり大きくても熱源が小さいと全体に火が回りにくい。一般的に、26センチがよく出るとのことだけど、家庭用のガスコンロにちょうどいい大きさですな。
下は2,310円から上は4,200円とお値段も魅力的。いくつも欲しくなっちゃう。


さて、総論ですが、このフライパン、なかなか良い。
けど、扱いやすくはない。



鉄の初心者なのにこのフライパン買って日々格闘しちゃったけど、世の中にはもっと使いやすい鉄のフライパンがいっぱい(爆)。

悪いとこ先に書くと、薄いので火の影響がダイレクト過ぎ、コンロの形に高温になる。フライパン表面の温度差が大きいので、自然、焦げやすいし焦げればひっつく。
すぐ高温になるので、卵や冷たい物はフライパン上でスパーク!パンケーキのような均一の温度でじっくりふんわり焼き上げる調理も無理。
エンボスも微妙で、こびりつきが少なくなる(のか?)メリットより、エンボスの隙間にこびりついた焦げのリスクのが大きい。
野菜炒めは炒める必要はなく、平らに野菜広げて数分火を通し、ひっくり返して反対も火を通すだけで良いというけど、やっぱりキンピラや野菜炒めなんかは、底が湾曲した中華鍋で煽りたい。

・・・と、初心者には「きゃ~!!」って現象がいっぱいなので、何も無理して格闘する必要はなく、リバーライトとか魔法のフライパンとか、もっと使いやすいのを買ってスタートした方がいいと思う。

んでも、鉄に慣れて鉄の良さや特性をよく知った上でなら、使い勝手が良いところも沢山。別のフライパンも持ってた上で、このフライパンに向いてる調理の時だけ、手にとって使うのが良いと思う。何と言ってもデザインがシンプルでかっこいいから、気分が上がるしね。

このフライパンが向いてる調理ってのは、肉を焼くのと、高さがあるのでパスタソース絡めるのも良い。ウリの1つであるオーブン調理はもちろん得意なので、オーブン調理をよくする家庭なら、温度変化に弱い琺瑯やガラスよりずっと使いやすく買って損はないと思う。

有元さんが出してるこちらの本も、このフライパンが欲しくなること請け合い。小ぶりのフライパンでケーキを作るとか、オムレツを作るとか、意欲が湧くお料理が満載。
関連記事

コメント

うわぁぁぁ、なんてタイムリーなっ!!
今日、餃子を作ったのですが
テフロンが一部はげてしまったようで
その部分だけ餃子の皮がフライパンに
付いてしまってデロンと(>_<)
一年前に買ったのに、もう買い替えかと
なんだか使い捨てのようで
ちょっと悲しくなっちゃって。
だったらいっそのこと鉄にしようかな?
と思っていたところでした。
マイキーさんの記事を拝読していたら
次は鉄!!!気分になってきましたよ~。
有元さんのご本も読んでみます!

あれ?、私、この記事見逃してたのかと思っちゃったよ。連続アップだったのね、良かった~。

待ってましたよ、エンボスフライパンのレポ!
あいわからずいい仕事してますわ~。
パンケーキはきれいに焼けそう?
魚の皮がだめか~。
そうだよね、やっぱり鉄のフライパンと20cmのフライパン、作るものとか分けて考えた方がいいのだろうね。
だしがらで作るふりかけもテフロンプラチナでないとやっぱりパラパラには作れない。
でも野菜はしゃっきり炒めていただきたい。
それぞれにいいところがあるもんね。
でも瞬間燻製したいから中華鍋は買っちゃおうかな~。
迷う、迷う♪

リンクありがと~~♪
実は私も魔法のフライパンが届く前に
小さいのを買ったよ。あはは
(大御所料理研究家で一番好きなのが
 有元さんだからね!)
今は全然出番がなくなっちゃったけど、
確かに目に詰まる感じがして、
ササラでガンガン擦り洗いしてたなぁ~。
でも、取れなくってリタイアしちゃったの。
金属タワシだったら取れたのね!
買って来て洗ってる~~~!!

--->hanaさん
そうなんですよね~。コーティングって剥げちゃう
ので、使い捨てになっちゃうんですよね。
ベターホームからはコーティング掛け直し
ができるフライパンが出てるので、それもいいな
って思ったんですが、色んなサイズで揃えられ、
デザイン的にも美しいので、こちらを買ってみました。
鉄に慣れるまでちょっと大変でしたが、ようは
鉄板なので、慣れれば多少乱暴でも大丈夫な
楽なフライパンだと思います。
これで旦那にも料理させられる(強火にして鍋が傷むので、、、)!!
有元さんのフライパン本、購買意欲がわきますよ~!!

--->Tomyちゃん
今少し落ち着いてるので、珍しく続けて
更新だよ~!

パンケーキはふっくら焼けたよ~。
ちょっと目を離しちゃって焦げめだったんだけど
ふんわりしてた!
今までテフロンフライパンで焼いてたんだけど、
焼き上がり時間が短いかも。
パンケーキは鋳物スキレットでも綺麗に焼ける
ので、難しくないと思うわ!
26センチフライパンで、一気に大きく焼いたよ~。
お好み焼きもOKでした。

ふりかけは、、、テフロンが良さそうだな。
私は塩を炒ってから使うので、一度鉄でやってみるね!
テフロンだと(当然だけど)さらっさらになって
容器にあけるのも楽なんだけどね~。

中華鍋、場所があれば便利だよね。
双葉の両手は底面が平たいので、熱伝導がいい
見たいなんだけど、汁ものとか、中華鍋の
あの形がいい場合も結構あるよね。
私もそれでマルチポット手放せないの~!

--->meshiちゃん
またまたリンクさせてもらいました!
あ、meshiちゃんも持ってたのね!
これ、18センチからあるのでいいよね~。
22センチ買ったんだけど、20センチの方が
丈があるので、こっちも欲しい・・・
果てしない欲望でした。

焦げ付き、ささらじゃ全然ダメだよね。
一度暖めてから(お湯沸かしてもいいかも)、
金属タワシでこすってみて。
全部取れると思うよ!!これくらい、
荒っぽく使ってもOKな道具って、ある意味
楽だね!!

鉄のフライパンって、重いし焦げるしというイメージがあって、敬遠していたのですが、このフライパンはすごく魅かれる~
私は、ティファール愛用しているのですが、自分が使ってる分にはそんなに不満はないですが、どうもオットが使うと傷がついたりしていてストレスだったの。
でも、文句言うとこれから作ってもらえないのでガマンしてたんだけど、これなら大丈夫そうだね。
ってか、焦げたら責任持って洗ってもらえるし(笑)
ティファールばっかりじゃなくて、鉄のフらパン、とりあえずひとつぐらい欲しくなっちゃいました。
マイキーさんのお道具の記事読むと、あれもこれも欲しくなっちゃいます♪

--->オータムさん
そうそう!ティファールのセットにフライパンも
あったので使っちゃってたんだけど、テフロン
使ってると鉄って使うの勇気いるよね。
油使うし、こびりつきそうだし。。。
でも使い捨てするのが嫌になってきて、遂に
鉄生活始めたよ~!
昨日もこのフライパンで唐辛子焼いたりトントロ
焼いたりしたけど、お肉焼くのはやっぱり鉄
がいいねぇ。
しかも、全然こびりついてなかったよ!
高温OKといっても高温過ぎると焦げるので、
ある程度時間かけて焼く場合は中火以下にするとか、
高温の場合は野菜とかをさっと炒めるとか、
その辺りのコツを掴めば大丈夫だと思うよ!
このフライパン軽いし!
焦げても金属タワシがあれば何も怖くないよん。

これ、いいよねぇ♪
うちにも18cmの片手と28cm(?)の両手があるよ~!
18cmの片手は、スパニッシュオムレツとか
こどもたちだけちょこっと別メニューで
ハンバーグ、とかって時に重宝。
28cmのほうはパエリアや、ソテーに使うことが多いかな。
基本的には有名料理研究かはいまいち好きじゃないんだけど、
有元さんと高山さんは別なの。
ここのフライパンを使っての料理本、「私のフライパン料理」も買っちゃった;^^
焼きっぱなし、とかが多いけどよく食卓に登場してるよ~。
もし本屋さんで見かけたらパラっとのぞいてみて♪

--->grigoさん
とっても小さいのととっても大きいのを持ってるのね!笑
私は22センチにしたんだけど、20センチの方が
縁がまっすぐなので、これも欲しいと思ってるところだよ~。
揚げ物にもいいって言うけど、それには少し丈が足りない気がな(跳ねるよね)。
28センチだと随分大きいね。ゆったり焼けそうだな~。でもIH不可??
フライパンの本は私も持ってるよ~(↑紹介してるよん)。
この本読んだら絶対このフライパン買っちゃうよね。
サイズも一番詳しく書いてあるしね!

初めまして、検索からきました。十得鍋も持っていますし、このフライパンも持っていて、かなり親近感がわいています。
この、画像で使われていますハンドルキャップはなんと言う商品名でしょうか?
ロフトと書かれていますが、近場のロフトには見当たりません。。。よろしかったら教えてください

--->ゆうさん
初めまして~!コメントをありがとうございます。
わお!十得も双葉フライパンもお揃いですね(^^
どちらも毎日使っていますが、いい道具だとしみじみ思います~。
大事に長く使いましょうね。

柄のカバーですが、今自宅にいないので、
メーカー等が分からなくてごめんなさい。
帰ったら調べて、またここに回答しますね。
確かハンズでも見たように思います。
ルクなどでもスキレット用にでているみたいですよ!

早々にお返事ありがとうございます。
少なくともスーパーには無いみたいです(笑
忙しい時にすみません!
もし、わかりましたらお願いします^^

--->ゆうさん
お待たせしてごめんなさい。
柄のカバーですが、「PARVIN」という米メーカーのものでした。
「ハンドルホルダー」と呼ばれているようです。

楽天で見つけました↓↓
http://item.rakuten.co.jp/chubonoie/100027035/

ネット以外では、ロフトとハンズで見かけたので、
別の店舗に行く機会があれば探してみて下さいね。
ルク等に比べてお安いですが、使っていて
なんら問題ありません。
フライパンもコレだけで調理OKです!

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター