記事一覧

菌と暮らす

kabi1.jpg

湿度が高くジメジメMAX。
昨日はウッカリ研いだ米を出しっぱなしで出かけてしまい、帰宅したらうっすら桃色でした。。。

物も腐りやすく、カビも生えやすいこの時期、菌についてちょっとお勉強。
私のお勉強メモ兼で、長いで~す!(写真は内容と関係ありません。暑いところの写真引っ張り出してきた。)
大きな声で言うことじゃないんですが、マイキー、去年から無駄毛撲滅中。
ちび太と入浴すると慌しく、ゆっくりケアもできん、、、ということが大きな理由なんですが、最近は安価&簡単に撲滅できるのでびっくりです。

すっかり少なくなってルンルン♪してたら、今度は別の問題発生!!
何だかとっても汗をかく・・・。ワキに汗染みなんてできたことなかったのに、たっぷり汗かいて午後になるとうっすら汗臭い・・・。
制汗スプレーを使用していましたが、スプレータイプは息止めてても多少は吸い込んじゃう。成分が気になったのでひっくり返してみたら!!毒だらけ!!いや~ん、こんな毒吸いたくないわ~。

kabi2.jpg

ということで、毒なし制汗剤を調べていたんですが、イマイチこれというのがない。考えてみると、ニオイの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗(皮脂、たんぱく質)が、皮膚の菌と混ざることで発生する。
であれば菌を取っちゃえばいいじゃな~いと、ローズマリーママンの殺菌スプレーをつけて拭きとったところ、さっぱりすっきり、気になるニオイが1日全くなかった。制汗剤で汗を吸着しても、皮膚上に残ってるわけだし、香料でマスキングするのも気持ち悪いもんね。

さらに調べると、原因物質をあるハーブで制御できることが分かった。ただ今、ローズマリーおばさんにお願いしてハーブをブレンドしたスプレーを開発中なので、完成したらここでお知らせしますね♪

kabi3.jpg

湿度の高い今の季節、ちょっと気を抜くとお風呂のパッキンがうっすらピンク色になっていたり、床には黒いポツポツが発生。
クローゼットもカビ臭い気がするし(除湿機検討中。情報求む。)、昨日のお米も前に書いた通り。この季節は気をつけてないと、革靴にもカビが生えてたりする。

衣類や身体のニオイも菌が関係してるし、お風呂や食べ物に発生するカビも菌。にわかに周囲が菌だらけ!なので、「カビの常識 人間の非常識」を読んでいる(まだ途中)。
著者は微生物の研究者なんですが、とても面白い内容で納得できることがいっぱい。
彼女によると、市販の抗菌なんちゃらってのは全く効果がないらしい。著者は実際に抗菌グッズをいくつも購入し、菌の増殖具合を調べている。じゃああのスリッパは!あの靴は!という思いが沸いてきます。

kabi6.jpg

抗菌剤のほとんどは、銀の化合物を使っているとのことで、メーカー的には「銀は水に溶けず安全で効果が長持ちする」ということらしいんですが、著者曰く、「水に溶けないものは全く効果がないのが根本原理」。銀イオンになって少しずつ溶け出していれば効果はあるらしいのですが、銀イオンの毒性は水銀と同じくらいとのことで、では、銀イオンですっきり!なあのスプレー(私も使ったことあるよ)は?!と叫びたい。

銀イオンの安全性は別途調べることにして、内容の中で「菌の耐性」について述べられているのが興味深く共感できるもだった。
菌というのはものすごーく繁殖力の強いもので、抗生物質に対する耐性が出てくる。だから、抗生物質を多用する国だけに院内感染が多いし、インフルエンザ等のウイルスも、ワクチン開発とのイタチゴッコ。
抗生物質を全く使用しない派ではないですが、できれば使いたくない派なので、上記の話しも共感。ちょっとした風邪で抗生剤を出す医者には??と思います(処方をお断りすることもしばしば。使わない薬は税金の無駄使いなので処方はお断りしちゃいましょ。)。

kabi4.jpg

菌の耐性については漂白剤に対しても起こる。
カビが発生する浴室は定期的にカビキラーさんにお世話になっていましたが、その時消えても2週間もするとまた出てくる。しかも、やればやるほどカビがパワーアップして発生。
その原因は、カビが漂白剤等に耐性を持つことと、カビ以外の良い菌も一緒に死んでしまうから。カビキラーは効きが悪くなるし、悪い菌を分解してくれる菌は一緒に死んじゃってるし、石けんカスや皮脂等の栄養は毎日蓄積されるしで、悪い菌のパラダイス!(善玉菌は耐性は持たないのか?という疑問は残る。)

最近は「とれるNo.1」を使っているんですが、善玉菌を殺さないと言う意味では、とても良いのではないかと再確認。微生物が分解してくれるので、体にも安全安心。少しニオイが気になるけれど、カビキラーって劇薬ですから使わないに越したことありません。

kabi5.jpg

良い菌と悪い菌のバランスについては、お肌の状態も同じこと。お肌の上には常に良い菌と悪い菌が一緒に存在していますが、肌荒れ等は菌のバランスが崩れた状態。つまり、良い菌が減って悪い菌が元気になっている状態。
正しい食事、睡眠、化粧品選びを心がけ、善玉菌を元気に保ちたいですね~。

温暖湿潤な日本は菌大国!そのおかげで長寿だという話しもありますが、良い菌もいっぱい。納豆や味噌等の発酵食品も菌のおかげだし、きのこやヨーグルトも菌。体の中にも表面にも沢山の菌がいるし、世の中は菌のバランスがとれてることで成り立っています。

悪さをする菌の特性をよく知り、良い菌をバランスよく保つことで、ぐっと快適に暮らすことができそうです。ということで、お勉強は続く。
関連記事

コメント

No title

ものすっごい勉強になりました~ありがとう!!!
銀イオンについては、同じ疑問を持っていたの!
ま、銀ってだけで、金属アレルギーの私は使う気にならなかったので、よかったわ。

自家製酵母でパンづくりをしている私には、善玉菌は身近なお友達なのかな~(笑)
お陰で美味しいパンが食べれるんだものね!

お風呂の掃除に困っていたので、参考にさせて頂きます~

No title

菌ねぇ~。この時期敏感になりますよね~。

私は先日の帰省で、害虫・昆虫がいる中で過ごし、家に戻ってきたら今度は害虫だけいる。姉の家はマンションで、虫がいない。菌と同様虫がいないのもどうなん?って感じました。
しかもゴキや蚊ばかり出る我が家もどうなん?
田舎は虫だらけだったけど、ハエも蚊もブトもいるけど、蝶もバッタもいたんですよね~。当然ですが。

私は虫がいないほうが快適な都会っ子ですけど、勝手ですが、子供たちは虫もいるところで生活するべきかな?なんて。。。

ちょっと違う話かな?

No title

--->yoshimiさん
銀イオンの毒性って水銀と同じって。。。
スプレーだし吸い込んでたよ。
よくないってことだよねぇ。
しかもあの銀のスプレー、風呂出る前に
ふりかけといても、結局カビは防げませんでした。

とれるNo.1はちょっと臭いんだけど(笑)
でも安全なので試してみてくださいね~。
靴とかにもいいんじゃないかと思ってます。

No title

--->FROさん
マンションも古くなってきたり、
近隣に古い家があったりすると、
ゴキがでますよぉ。。
密閉度が高い分、出たら始末が悪いかも。。。
本来、夏に高温多湿の日本は鉄筋コンクリートに
小さい窓の家って向いてないんでしょうね。
木造で風通しの良い家がいいのだと思います。
冬寒いですが。。。

虫かぁ。。。うちの周りもあまりいないな。。。
でもセミは鳴いてます!
以前、旦那さんが住んでいたエリアは
セミも鳴いてなかった・・・。

良いものも悪いものも両方いてバランスを
とっているのが世の中ですから、どちらかに
偏ると問題が出てきちゃうと思います。
でも都会生活でバランスを保つのは難しいですね~。

curryさんのご実家のような、爽やかな
風が抜けるようなところ、素敵です!!

No title

私も何年か前にワキだけ永久脱毛をして、マイキーさんと同じ悩みが
増えました。
女性の汗染みって、すごーく恥ずかしいですよね。

今は、香りがいいからとローズ&ゼラニウムのフェイスミストを時々
ワキにも使っていますが、やはり効果を調べて使わないと意味がない
ですよね!

とても勉強になりました。

No title

--->hattiさん
ワキの毛なくなっても、汗の量が
増えるわけじゃないらしいんですが、
でも増えますよねぇ。
毛が汗を吸って蒸発していたんでしょうか。

汗染み・・・!
ジャンパー脱いだらワキ濡れてるとかね、
すごーく恥ずかしいですね(汗)。

汗の量は減らせないと思いますが、
ニオイの方は対策ができそうです。
ローズは肌全般に良いので、悪くは
ないと思いますが、
ただスプレーするのではなく、ふき取ると
良いと思いますよ~!

菌といえば

味噌つくりトライしようよ!菌と友達になれるわよ~今回の味噌すごく成功したの。
麹菌もカビ菌。いろいろだね。

No title

--->リーダー
良い菌を育て始めて、お肌の調子めっちゃいいよ~。
んが・・・大怪我しちゃって味噌作りどころか
日常生活も大変になっちゃったーー(↑参照)。
今年は梅干しがスタンバってるのでとりあえずそこまでだ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター