記事一覧

自家製リモンチェッロ

Limoncello1.jpg

はうー。順調に回復してた火傷ですが、今度はラベンダーにかぶれちゃいました。
すぐ気がついたので軽度で済みましたが、皮膚が上皮化して落ち着いても原液でつけ続けていいほど効き目が緩やかではないようです。ひどい状態の時は効果抜群なんですけどね。止め時が難しいー!
特にトラブルなく美容目的で精油を使う方は、パッチテスト&希釈マストです!

話しはガラリと変わりますが、ちょっと前にリモンチェッロを作りました。
レモンの香りがふんだんにする、あま~いデザートのようなお酒。初めて飲んだのは、新婚旅行のイタリアだったな・・・(遠い目)。
Limoncello2.jpg

最近では輸入食材の店で売られていたりして手に入れやすくなりましたが、10年位前はそんなにあちこちに売っていませんでした。当時、どうにか作れないかと調べたりしましたが、イタリアのレモンじゃないと作れない等と読んだか聞いたかして諦めたのでした。

ところがちょっと前、小暮ひでこさんが国産のレモンで作っていたので、私も早速無農薬のレモンを手に入れて作ってみました。

Limoncello3.jpg

作り方は超簡単。
洗ったレモンの皮をピーラーで剥き、ウォッカに漬けるだけ。1週間ほどですっかり黄色くなったら、別に作ったシロップを足します。
実の方は絞ったら小瓶1本分になったので、割って飲んだりお料理に使いました。

Limoncello4.jpg

イタリアで飲んだものはもっとトロリとしていましたが、サラッとあっさりにできあがったのは糖分が足りないからかな。梅酒を作るようにして漬けてもいいかもしれない。

ま、私はほとんど飲まないんですけど~。

なーんて思ってた矢先、お友達のFROさんの旦那様(パティシエ!)がブログを始めました。ちょうどリモンチェッロのことを書いていらして、ライム入りの美味しそうなレシピが載っています。今いらっしゃるマルセイユからの楽しい日々が綴られているので、遊びに行ってみてくださいね。

あしやまとのマルセイユ

shiso2010.jpg

漬け物つながりで・・・笑
今年は2瓶漬けた梅シロップのうち1瓶がアウト!アルコール除菌サボったらカビちゃった(涙)。
足りない!と新たに買った梅を無事だった瓶に追加したんですが、もちろん砂糖も追加したけど足りなかったのかあまり汁が上がってこなく、結局汁が出なかったのは抜きだして梅干に。
しっかり干して、なかなかいい感じの梅干ができました。

梅シロップ1瓶分では到底足りないので、今年は紫蘇ジュースをいっぱい飲むことにしましたが、この暑さで消費が早い!もう4回も作りました(1回に2リットルのシロップができる。)。
紫蘇ジュースはすぐにできるのがいいですよね。

とはいえ、冷たいものばかり飲んでたらお腹の辺りがひんやりしてきて何だか体もだるい・・・蓮茶とネコエビちゃんにもらったマテ茶をブレンドしてホットでぐびぐび飲んでたら、調子が良くなってきました。もう、内臓は冷しちゃダメなお年頃ですな。
関連記事

コメント

No title

ご紹介いただいて、ありがとうございます。
マイキーさんだと、こう素敵に書いてくださるのか!と、感心してしまいました。

CURRYのリモンチェッロ、私はブログで初めて聞いたお酒でした。すでにご存知で、しかも手作りしているあたり、さすがマイキーさん!!
新婚旅行はイタリアだったんですね~。いいなぁ。。。(私は北九州温泉めぐり。年寄りか?!)
この気温だとさっぱり酸味の効いたものが欲しくなりますよね。
紫蘇ジュースは色がきれいですね~。

No title

--->FROさん
リンクの件ありがとうございました!
私は酒飲みじゃないので(ホントですよ!)、
もっぱら飲むのは旦那さんなんですけど、
こういうあま~いお酒も好きみたいで
気がつくと結構減ってます。
一番好きなのは麦酒のようですが・・・。

新婚旅行はドイツ→フランス→イタリア
と列車で周る旅だったんです。
今思えば、日程的にゴージャスでした。
九州温泉めぐりもゴージャスですね!!
日本は交通も宿も高いので、憧れ宿は多くあれど
なかなか手がでませんっ。

紫蘇ジュース、今年はすっごい量飲んでます。
もうスーパーから紫蘇が消えたので、
今年はある分でしのがないとです~。

No title

マイキーさん、こんばんは。
リモンチェッロ、初めて聞きました!
こんなに綺麗な黄色になるんですね。
レモンの香りが爽やかで美味しそう。飲んでみたいなー。
甘いデザートみたいなお酒・・・というと渋みはないのかな?
(渋いの好きなので気になってしまいました^^ゞ)

梅シロップは残念でしたね。
私も昨年、砂糖がなかなか溶けなくて苦労しました。
なので今年はお酢を足してサワーにしたんですが、飲み頃を迎える前になくなりそうです。
そうそう、内蔵冷やしちゃいけないんですけどね!ついつい。(笑)

No title

焼酎でのレモンの果実酒はよく瓶を買うと作り方なんか載ってるけど、
リモンチェッロを作るなんて想像もしなかったわ~。
ウォッカなんだよね、旦那様が飲んでるのかしら?
私が行ったら出してくれる?(笑)

ラベンダーかぶれも早く治るといいねー。
お腹の冷えもそうだけど、私は傷や虫さされだって肌の回復が遅いの。
これも年なのか、それとも代謝が悪いのかな。
まあ暖かいのも飲みつつ、時々はスッキリ冷たい物も。うちも紫蘇ジュースが売れております。

No title

ウチの冷凍庫にはリモンチェッロが入っております。
夏はキンキンに冷やすと美味しいんですよねー。
でも、内臓冷やさない方がいいのは、よーーく分かりますわ。
昨日はこの暑い中、湯豆腐でした。
でも、冷えたビールに冷酒を飲んでいたら
ダメダメですよね....。

リモンチェッロ!

イタリアのアグリで飲んだ夢のようなリモンチェッロを思い出します。
手作りできるんですねー。やってみようかしら。
レシピ、教えて頂けると嬉しいですv-10

No title

--->i-kkoさん
お返事遅くなりました!

リモンチェッロってそんなに一般的では
ないですよね。
酒屋さんでは、あまり見かけないです~。
でも先日カルディで発見して、買ってみました。
自分で作った方が美味しかったです(笑)。
渋みはですね・・・あまり分からないというか
アルコール度数が高いので、そっちの
刺激の方が強いです!
キンキンに冷やして、舐めるようにして
頂くんですよ~。

梅シロップはガーンでした。アハハ。
お酢は入れてたんですよぉ。
アルコール除菌サボったのと、
急激に暑くなったこともあるかもしれません。
1瓶残ったのが幸いでした。

こう暑いと、冷たいのぐびーっといきたいですよね!
そう、ついついね(笑)。

No title

--->Tomyちゃん
レモン酒っていうのかな?
たまに見かけるよね~。
そうそう、これはウォッカに漬けるの。
あま~いんだけど、かなりのアルコール度数なので
私はちょっと舐めるだけ。
でも着々と旦那が飲んでるわ。
なくなる前に、トミーちゃん急いで来て~。アハハ。

ラベンダーかぶれね、すごくよくなったよ。
ステロイドもダメで、何もしないのが一番
回復が早かった。。。
かぶれは刺激しちゃダメなのね。
でも怪我には塗った方がよかったりするしね、
難しいわ~。
虫刺されは体質もあると思うよ。
でも旦那は北海道で蚊に刺されない生活した後、
ひどくなったって言ってた。
抗体とかの問題もあるのかなぁ・・・(謎)。

紫蘇ジュース、旨いよね~。
梅と混ぜると更に旨いこと発見よ。

No title

--->まゆみさん
お!さすが酒呑みのまゆみさん(笑)。
うんうん、キンキンに冷やしてペロリと
舐めてますよ~!

内臓が冷えると、みるみる免疫力が
落ちていきますよね。
夏はクーラーで肩や首筋を冷やしても、
調子が悪くなります。
湯豆腐で温まりました?
うちも、水炊きをしてくれと言われて
いるのですが、ナカナカ・・・ははは。

ビール好きな人には、一番美味しく飲める
季節でしょうか。
大人になったら飲めるようになるかと思って
いたのですが、今でもあまり得意じゃない
のが残念です。安上がりですけどね~。

No title

--->ばれりんさん
やっぱりイタリアで飲むのは美味しいですよね。
私はフィレンツェで飲みましたが、
やっぱりとっても美味しかったなぁ。
何でも、日本のレモンの倍くらいある、
大きくて酸味の少ないレモンで作るとか?

私は、こぐれさんのレシピを参考に作りました。
URL貼っておきますね。
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/food/gatyou/20080410gr07.htm

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター