記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国2400kmの旅3 ~鳴門の渦潮 渦の道~

shikoku3_1.jpg

徳島市でラーメンを食べ、鳴門に戻って渦潮を見ました。
渦潮は満潮時と干潮時に見える確率が高いということで、午後の干潮を狙って行ってきました。

ここでベストタイムをチェックできるんですが、ある日の満潮は夕方なのに、翌日の満潮は朝の7時頃だったりして、こんなに時間に開きがあるものなんですねっ。海の神秘だわ。
shikoku3_2.jpg

私の祖母は鳴門の出身で、祖母から鳴門の話しを聞いたことはないものの、何となく自分の中で気になる場所。ということで、今回の四国入りは鳴門経由にし、鳴門と言えば!の渦潮です。

時間に余裕があれば船も乗ってみたかったんですが、大鳴門橋の橋桁内に「渦の道」という遊歩道があり、今回はここを歩いて渦潮を見ることにしました。

shikoku3_3.jpg

遊歩道にはガラスがはめ込まれていて、海上の様子を真上から見ることができます。
ここは入り口付近で、この辺はいいんですけど・・・。

shikoku3_7.jpg

写真じゃ迫力が伝わらないかもしれませんが、流れの強い所に来ると大迫力!!!
てか、怖い~~~!!!!
足がすくんで前へ進めませんっ!!

橋なので、頭上はガンガン車が走っており、橋自体がぐらんぐらん揺れているんです。そんな所でガラスでこの波!!船に乗るよりずっとスリリングだったかも・・・。

shikoku3_4.jpg

大きな渦が1個、ぐるぐると出来るミステリースポット的な図を勝手に想像していたのですが、あちらこちらで小さな渦ができるものなんですね。
流れがぶつかってできることを考えると当然で、その中に大きくてハッキリした渦ができることもあるし、時期によっては渦が大きい時もあるんでしょうけど、ガイドブックの写真などいずれも1つの渦だけフォーカスして撮られているので、何となく勘違いしていました。アハハ。

shikoku3_6.jpg

しかし、ダイナミックな流れのぶつかり合いがものすごい迫力なのです。
ここで洗濯したらめっちゃキレイになりそうですよね~。もう目が釘付けで、渦ができるのを探していました。足はすくんでるけど。

shikoku3_5.jpg

じーっとガラスを覗き込んでいたら、子どもが「ジャーンプ!」などと叫びながら飛びこんできました。
周囲の大人達が一斉に「お前!何てことするんだ!」という顔をして睨みつけたので、多分、みんな怖かったんでしょう。
出来上がった橋の上にいるだけでもこんなに怖いのに、橋を作る人たちはどんなにか・・・。ここに落ちたら助かる気がしませんっ。

shikoku3_9.jpg

ガラス張りの床も怖いですが、周囲もワイヤーが貼ってあるだけなので臨場感たっぷり。
さすが海の真上、風が強く、数分いるだけで体が塩っぽくべたべたしてきました。
ここ歩いている人全員、頭が爆発していたので、付き合い初めのカップルがデートする場所には向きません。
海の方に向かって風に吹かれていると、少しだけ、鳥の気分を味わえますよ~。


(おまけ)
shikoku3_8.jpg

残念ながらモザイクかけましたが、この2人、ものっすごい面白い顔していますっ。
顔を入れるパネルは四国中で見かけましたし、かなりの確率で皆さん顔を入れて写真を撮っていました。
海外では見かけないように思いますが、日本人はこのパネルが大好きなんでしょうか。
関連記事

コメント

トップ画像、ものすっごい迫力ですね!
何だか難破船みたい!!

私は淡路島から咸臨丸(龍馬伝で有名になりましたね!)に乗って
見に行きました~♪
もう記憶は薄れてますが。。。

確かに、高い所から下を見るのって足がすくむかも。
高所恐怖症ではない私でも、東京タワーで少しビビりました。
親が本気で怒るの、すごーく想像できて面白い(笑

渦の道ですね!
私も行ったことは行ったのですが、
渦潮は時間が合わずv-164

あのガラス張りの床は恐怖でした。
私、高所恐怖症なので。
分かっていてもガラスの上は歩けませんv-12

いや~、それにしてもすごい迫力。
やっぱり生で見てみたいものです。

鳴門といえば鯛ですよね。
お洗濯ではなく、鯛の身が締まるそうですが、
お試しになりましたか?

すごい!
怖い!
そして海の色が青い!
見たことないから一度実物を見てみたいな。
ほんとにおっきくグルグルになったときは、
やっぱり巻き込まれると回ってしまうのでしょうか。

東京タワーもガラス張りのところあるけど、
文章読んでるとこっちのほうが怖そうかも。
やっぱり下が海+揺れっていうのが怖いのかな~。

ちび太くんがいても船にのったのかと思ってビックリしたわ!
ってか、車であの距離を旅したってだけでもすごいと思うけどね。

私もきっとそこへ行ったら足がすくみそう~。
怖そうだよ、確かに。
でも船にのらずこんなふうに見れる場所があるなんていいな。
船にのったら船酔いとの戦いっぽいもんね。
この潮にもまれて、あの美味しいわかめが育つのねー。

お~、いつの間にかテンプレートが爽やかなブルーになっている!!
この記事の写真にまた映えていて綺麗だゎ。斜めのショットがめちゃくちゃかっこいい!

そして渦潮!すごいすごいすごい!
友達に国内旅行好きがいて、以前渦潮の話を熱弁してくれたことがあったので、マイキーちゃんの写真を見て、こういう感じなのね!と一気に聞いていた話とイメージが一致したよ~。渦がたくさん出来るさまはホント神秘的だわ。迫力あっておもしろそう~!

--->ハッチさん
船、タイタニック状態ですよねっ。
流れが強くて、前へ進めなくなってる時もありました。
若干、船が渦潮を作ってる気も・・・ごにょごにょごにょ。笑。
ハッチさんは船上からご覧になったのね。
渦のすぐ近くまで行くから、それも迫力ありそうです!

渦の道から見るのは、高い&揺れるので、怖さ倍増でした。
小さい時は高いところ大丈夫だったんだけどなぁ。
すっかり怖くなっちゃいましたよ。
東京タワーもガラスがありますね!
小さい頃、弟がアイス持ったままガラスを覗いて、
アイスを落っことしてました。
もう1個買ってもらったのに、またガラス覗いて
落っことして・・・高所恐怖症だったのかしら?

写真に、ジャンプ禁止って書いてありましたね。
あの子ども!笑。

--->ばれりんさん
やっぱり、時間が違うと全然違うんでしょうか?
穏やかな海が見れるのかしら。

しかーし、あのガラスは海が穏やかでも怖いですよね。
グラグラ揺れてるし、大丈夫と分かっていても、
足がすくんじゃいます。

昔ね、うずしおって名前の洗濯機があったそうなんです。
最近その話しを聞いたので、なるほど~と思っちゃいました。アハハ。

そう!鯛ですよね!
残念ながら今回は食べるチャンスがなく・・・。
ばれりんさん、召し上がりました?
お塩は買ったんですけどね~。ワカメも買うべきだったかな。

--->tamamarikoさん
海が真っ青だよね~。
四国は海が本当にキレイだったよ。

大きい渦が出来たときも、多分時間は
そんなに長くないんじゃないかな、と思う。
けど、この流れに飲まれたら生きて帰れんー。
でもね、岸に近いところでは、もぐってる
人がいたよ。

東京タワーより、渦潮の方が怖いと思うー!
揺れでかなり怖さ増量。

--->Tomyちゃん
そうか!チビがいたら船危ないね。
気づかなかった(汗)。
予約したりなんだりが面倒で、今回は
渦の道にしたの。
スリリングな体験ができて、渦の道も十分
渦潮を堪能できたよ~。

あはは。現地でレンタカーしなよって何度も言われた。
大量の荷物を持って公共の乗り物に乗ることを考えると・・・
全日程車だと、時間と体力は必要だけど、
自由で子連れには楽なのよ~。

鳴門はワカメが美味しいんだよね。
お嫁に出て里帰り中っぽい女性がお母さんと話してて
「やっぱり鳴門のワカメは美味しいわ。」
「そうなん?鳴門のしか食べてないから分からんわ。」
という会話をしていたよ。
なのに・・・買ってこなかったー(><)

--->lundiちゃん
気分転換にスキン変えてみました~。

しばらく国内に目が行かなくて、四国はずっと
行ってみたいと思いながら、実行するに至らなかったの。
今年は旅行する予定じゃなくて急に思い立ったので、
車で行かれて気になってた場所、ということで
決めたんだけど、本当に行ってよかったよ。

渦潮も大迫力!
日本でも、こんなワイルドな自然が楽しめるんだなって
再発見でした。
渦潮以外にも、四国はワイルドだったり美しかったり、
自然たっぷりだったよー。
食べ物も美味しいしね!(←これ大事。)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。