記事一覧

柳宗理のパンチングストレーナーとラバーゼ(la base)のザル

zaru1.jpg

毎日毎日使っていたら、ラバーゼのザルの針金が切れてきました。
時々、爪の間に飛び出した針金がぷすっと刺さって「ぎゃーーーー!痛いーーー!」とか。
危険危険。

2008年6月に買ったようなので、3年ちょいの使用。
意外と、ダメになるの早かった。

そんなに酷使したって感じでもないんだけどな。
主に使うのは米砥ぎや野菜の水切り。普通でしょ?


zaru2.jpg

ラバーゼのボウルはまだ使えるので、買い替えたいのはザルだけ。
ボウルとぴったりくる同じラバーゼがいいとは思いつつ、また3年で
壊れちゃうのかなーと思うとパンチングに興味が出てきた。
そこで、パンチングで評判の良い柳宗理を買ってみました。

お店で実際に見て触ってみて、表面の滑らかさにびっくり。
底に台もないのね。
ザルはラバーゼに比べて浅型で、ボウルに合わせると少し浮いた感じ。
浅いので、ボウルに重ねると沢山水を入れないと中の物が水に浸かりません。
柳のボウルはラバーゼよりも深いので、柳同士で重ねたらもっと水が必要かな。

まず青菜を洗ってみたのだけど・・・
ボウルに沢山泥が落ちててびっくりした!お野菜や果物を洗うにはなかなかいい感じ。


zaru3.jpg

ボウルを洗うのもつるつるで楽だし、よかったよかったと思っていたら・・・

私は米を砥ぐとき、ボウルとザルを重ねて水を入れて砥ぎ、ザルを持ち上げて
ボウルの水をざーっと流すんですが、流したらシンクに米粒がいっぱい・・・。
何度か砥いで、その都度米粒が落ちます。

柳は穴が大きく、白米の小さい米粒はぽろぽろ落ちてしまう。
青菜の汚れがいっぱい落ちたのは、穴がでかいからなんだわね。。。
穴に刺さる米粒も沢山あって、刺さった米をいちいち外すのもちょっと面倒。
白米でこれだから、粒の小さい雑穀は全然ダメだろうな~。


zaru4.jpg

ということで、結局ラバーゼのザルも買いました(--;
ラバーゼでは米粒が落ちたことなんてなかったのだけど、届いたザルを見て納得。
かなり目が細かいです。この細かさはすごい。

ラバーゼの裏は柳と違って台が付いています。
これは好きずきだけど、私は台があっても嫌じゃない。表に継ぎ目があるわけ
ではないので、むしろ水切りにはいいんじゃないか、と思う。
底の台の部分をボウルにひっかけて、斜めにして水切りできます。


zaru5.jpg

せっかく買ったので、野菜や果物は柳、お米はラバーゼと
使い分けようと思う。
夕べはフェトチーネを茹でて柳で水切りしたけど、
小麦粉のような粘着性のあるものも、目詰まりせずツルンと
洗えて良かったです。でも蕎麦は穴を通りそうだなー。
穴がもうちょっと小さければ・・・と思わないでもないのだけど、
パンチングは穴に水が膜を張りやすく、これ以上穴を小さくすると
水切れが悪くなってしまうかもしれない。

耐久性と洗いやすさは柳、目の細かさはラバーゼの勝ち。
ラバーゼの深い形状は、柳より好きです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター