記事一覧

はじめてのベルリン4

16041301.jpg

ベルリンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは壁ですが、それ以外にも戦争の爪痕を残したものが沢山ありまして、こちらはプロテスタント教会の「カイザー・ヴィルヘルム記念教会」です。
落成は1895年ということですが、第二次世界大戦の空爆でこのような姿に…。
ベルリンでは「虫歯」と呼ばれたりしているそうです。
今となってはヒップでナウい(←死語)ベルリンですが、ナチス時代のユダヤ人虐殺に関するものもありますし、歴史に疎い私でも第二次世界大戦期に思いを馳せないわけにいきませんっ。

16041302.jpg

動物園駅から歩いてすぐなのですが、駅周辺は近代的なビルが多いエリアで、そこにいきなりドーンと現れるので、実際に見ると新旧の対比が興味深く、なかなか圧倒される光景でした。

ここは旧西?東?とベルリン滞在中度々思いましたが、後で確認すると泊まったホテルも動いていたエリアもほとんどが旧東ドイツ、東ベルリンでした。ベルリンの主要なスポットの多くは旧東側にあるようです。
ウンターデンリンデンからブランデンブルク門をくぐると西で、シーゲスゾイレやこの教会がある動物園駅は西側ですが、どうやら旧西ベルリンはそれしか見ていない模様。。。東ベルリンばかり見てベルリンに行った気になっていましたが、旧西ベルリンだったところももっと歩いてみたかったなー。

さてこの教会、広島の原爆ドームのようにそのままの姿で保存されているのですが、すごいのはこの状態で今でも現役なことです。

16041303.jpg

教会の中には展示もあり、これは1904年。
周りの景観にも溶け込んですごく素敵。

16041304.jpg

こちらは1933年。この10年後に今のような姿になってしまいます…。

16041306.jpg

16041307.jpg

教会の内部は非常に美しいです。

16041305.jpg

16041308.jpg

現役といっても、すぐ隣にモダンなビルディングが建築され、教会機能はほとんどそちらに移っているよう。
ミサもそちらで行われていました。
反対隣には同じデザインのさらに高層なビルが工事中・・・こちらは何でしょう??
このビル、外から見るとパッとしないんですが、全体ステンドグラスになっていて、中から見ると素晴らしく美しかったです。
写真撮っていいのか分からず撮れなかったのですが(><)。

先程も書きましたが、原爆ドームの存在と被り、ベルリンはどこか広島と同じ空気がある街でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター