記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのマカオ・香港1

17110701.jpg

あんなに小さかったちび太が、小学校の高学年です。もうちびじゃないのね。
彼の生活も忙しく、今時の都会の小学校は夏休みも短いので、旅行に行く時間を捻出するのも一苦労です。
小学校に上がって旅行に行きにくくなり、学年が上がるとさらに行きにくくなり、その内一緒には行かなくなるのでしょう。
家族みんなで団子になって旅行できる期間は、思ったより短いですね。

行かれる内にできる限り行きたいので、週末プラス2日で、ちび太の夏休み最後の4日間にマカオ・香港に行ってきました。
アジア旅はしている方ですが、マカオ・香港は初めて。
短い日程ですが、とても楽しみでした。

かなり日が差し迫っていましたが、香港はANAの特典航空券の空席がありました。
行ったことないし、近いし、いいんじゃない?
ヨーシ!香港、行っちゃう??行っちゃうー!と喜んで取ったものの、後になぜ空席なのか身を持って体験。

17110702.jpg

往路は羽田から午前中の便。
羽田国際線といえば、ずんだ茶寮のずんだシェイクが外せない我が家です。
お店が開いているか心配でしたが、早くから開いていてありがたい。

17110703.jpg

17110704.jpg

ぐびっとずんだシェイクを飲んだら、ANAのラウンジに直行です。ここでは、私はカレー蕎麦、旦那さんはとんこつラーメンです。
世界第3位という羽田国際線空港ですが、ラウンジに行ってしまうので実はあまりよく知らないのですよね。
プラネタリウムは見たことがあるのですが。

17110705.jpg

定刻通りに飛びまして、快適なフライトでした。
香港は近いですねぇ。食事をしながら映画を1本観たら着いちゃいます。家族が観ていて話題についていかれなかった「君の名は」をようやく観れて良かったです。
子どものお食事はカワイイ。残念ながら大人ご飯はイマヒトツでした・・・。

香港空港に到着したら、香港では入国せずにアライバルフロアにあるフェリーチケットカウンターへ向かいます。
そこでチケットを購入し(カード利用可)、時間があったのでATMで香港ドルを少し下ろしました。マカオはパタカという独自の通貨がありますが、香港ドルも使えるし、短い滞在ならパタカを用意する必要はなさそうです。
アライバルフロアにあった、ファストフードっぽい麺の店がすでにすごく美味しそう(笑)。ただその店と免税店程度で、大したお店はありません。他の階に行くには一旦入国しないといけないので、船に乗る方はご承知おきを。

17110707.jpg

頃合いになったので簡単なゲートを通って下のフロアに下り、モノレールに乗ってフェリーピアへ。グリーンの海が見えて、香港着いたー!という気分が上ります。

17110706.jpg

フェリーは指定席だし椅子もゆったりしていて快適。
香港空港から1時間半くらいかな。マカオへ到着です。




到着したのです・・・。




到着したの・・・。




なのに・・・、降ろしてくれない・・・。
フェリーターミナルに着岸してるのに、何故・・・・?



出発前日は仕事で、帰宅して子ども迎えに行ってダッシュでご飯食べてお風呂入れて荷物用意して、翌朝は明け方に家を出たのでろくにニュースも見ていなかったのですが、私達が出発する前日のマカオは、巨大台風が直撃してえらいことになっていたみたい。
8月の香港、マカオは台風シーズンなんですねぇ。どうりで空いているわけです。

「台風のトラブルで・・・」というアナウンスが流れていましたが、物凄く快晴だし(台風一過か・・・)一体どんなトラブルなのかさっぱり分からない。荷物だけはせっせと出口の方にまとめているけど、一向にドアが開かない。係の人に聞いても、「台風トラブルでいつ降りられるか分からないから、座っていた方がいいよ」と言われ、状況がよく分からない。

結局、2時間以上待って、ようやく船を降ろしてもらえました。
降りたターミナルはひどい湿気。床も濡れてる・・・。降りられなかったのは、ターミナルが水に浸かり、水を掃き出すなど、乗船客を受け入れる状態を整えるのに時間がかかったようでした。

17110708.jpg

マカオへの入国手続きを終え、外へ出て大分歩いたところにバスターミナルがあります。マカオはカジノの街。どのホテルにもカジノがあり、フェリーピアや空港からは、ホテルが無料のシャトルバスを出しています。
今回の宿泊は「シェラトンマカオコタイセントラル」でした。シェラトンのバスに乗りこんで、そこから15分弱でホテルへ到着です。

そもそも、この旅にマカオを入れたのは、ホテルの充実っぷりが理由の一つ。
ポルトガルは以前より興味があり、いつか本場のサングリアやバカリャウを楽しみたいと思い続けているので、かつてのポルトガル領で、今でもポルトガルの面影を残している・・・等ももちろん理由の一つではあるのですが、ラスベガスしかり、カジノの街はホテルが充実していて、お値段もお手頃なのです。

17110709.jpg

せっかくの夏休み、1日くらいリゾートでのんびりしたいな。子ども達もプール入りたいだろうし・・・。と思って決めたマカオコタイ地区のホテル。本来なら早めにホテルに入ってプールサイドでゴロゴロしている予定だったのですが、船を降りられずすっかり遅くなってしまいました。
ここではまだそこまで大変な事態だと知らなくて、今日のプールは無理だな・・・なんて思いながら薄暗くなっていく車窓を眺めておりました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MikeyK

Author:MikeyK
マイキー
毎日を心地よく暮らすための
アレコレを探すAB型のおうし座

■以前のブログ
-Feel Tokyo-





おしらせ

■シリット公認サポートブロガー♪ HPに掲載していただきました

■トリップアドバイザーに掲載していただきました♪
バリ島サヌール

■アロマやハーブ、ナチュラルコスメに関わる仕事をしている母のブログ

■ローズマリーのおばさん ネットショップ〔ナチュラル香房〕

ブログの中で探す

リンク

オンラインカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。